スポーツ業界で活躍するジョーラブチアン

スマートフォン

サッカー界では、選手の移籍の背後で暗躍する人々がいて、その人達のことがメディアで大きく報道されることも少なくありません。

2016年のサッカー選手の移籍ニュースで話題となったのが、ジョーラブチアンです。ジョーラブチアンは、テヘラン出身で12歳の時からロンドンに住んでおり、イギリスの市民権を取っています。
過去に裁判に巻き込まれたことがあり、あまり表に出ることは好みません。2006年の大物選手の移籍によって、プレミアリーグで大きな影響力を持つようになり、その後も大型移籍をいくつも成立させています。そのため、世界でも有数の代理人として脚光を浴びているのです。

ジョーラブチアンといえば、英国領バージン諸島に本社を持つ投資ファンドが有名です。この投資ファンドのオーナーとして知られていますが、実際のオーナーはグルジア人だと考えられています。優れた選手の移籍に関わっているものの、MSIのサッカー界での暗躍には否定的な目を向ける人も少なくありません。

貧富の差が大きいプロスポーツ選手

タブレット

プロスポーツ選手のイメージとしては、華やかな世界で莫大な収入を得ているといった事がまず挙げられますが、実際に大金を稼いでいるのはごく一部の一流選手に過ぎません。

プロゴルファーやプロ野球選手などは、いかにも稼いでいそうなプロスポーツ選手として見られがちですが、よくテレビなどで見かける選手でも実際の生活は一般的なサラリーマンと変わらないケースも多いのです。
むしろ、将来的なことを考えれば、一般企業で働いていたほうが良いのではないかと考えられます。それぐらいプロスポーツ選手の間でも貧富の差があると言えます。
多くに人に憧れであるプロスポーツ選手ですが、華やかな印象とは裏腹に厳しい面もあるという事は覚えておかなければなりません。

プロゴルファーでも、賞金だけでは食べていけず副業でレッスンを行っている選手も多いですし、プロ野球選手でそれなりに活躍していた選手でも、突然調子が悪くなって引退に追い込まれてしまう場合や若手の台頭により居場所を無くすこともあります。