柔道のトレーニング

柔道

スポーツの中でも格闘技は競技によって必要となる筋肉は異なり、トレーニング方法も格闘技に合わせたものとなります。

柔道に必要となる筋肉で最も重要と考えられるのは、体幹に影響を与えるインナーマッスルです。柔道での基本的な投げ技は、相手の重心を崩したタイミングで技をかけて相手を投げます。体幹が弱いままだと体のバランスを崩しやすく、投げ技をかけられやすくなります。
相手に技をかけられたときに抵抗して耐えるのが難しくなるだけでなく、相手に技をかける時のバランスにも影響し、返し技を受けやすくなるデメリットがあります。

比較的手軽に体幹を鍛えられるのが、不安定な足場での走り込みです。砂浜や未舗装の山道などを走ることで、足腰そのものの筋力をアップさせると同時に、体幹も自然とトレーニングすることになります。腹筋を鍛えるのも上半身を安定させ、技をかけられた時の抵抗力を上げることにつながるのでおすすめです。

走り込みや腹筋のほかには、上腕部の筋力トレーニングも欠かせません。
柔道の技は押す力よりも引く力を利用することが多いので、肩から上腕にかけての筋肉がしっかり鍛えられていないと、引く力が弱くなってしまい、技の威力も低下することがあります。

スポーツは競技によってトレーニング方法が違うということは覚えておきましょう。